2020年ロサンゼルスドジャースのオフシーズンまとめ②

こんにちは。閲覧いただきありがとうございます。今回は前回に引き続き、ドジャースのオフでの動きを書きたいと思います。私見もりもりです。どうぞご容赦ください。

bringerofblue.hatenablog.com

「今季復活」に期待する選手の獲得

 FAの目玉コールとレンドーンを獲得できなかったドジャースは、矢継ぎ早にFAとなっていた選手を3人獲得しました。ブレイク・トレイネン(元OKA)、アレックス・ウッド(元CIN)、ジミー・ネルソン(元MIL)です。いずれの選手も実力者ですが、近年は故障により成績を残せていません。少し彼らのことを見てみましょう。

★ブレイク・トレイネン

 元アスレチックスのクローザー。155キロ代のシンカーと鋭いスライダーが武器。2018年には68試合に登板して9勝2敗、38セーブ、防御率0.78、被打率.158とクローザーとしては最高の成績を納めています。バグですね、異常です。しかし、去年は怪我離脱もあり成績は大幅に落ち込んでしまいFAとなりました。そこを再生工場のドジャースが1年契約したわけです。

www.youtube.com

★アレックス・ウッド

 元ドジャースの選手でしたが、トレードでヤシエル・プイーグ、マット・ケンプ、カイル・ファーマーらとともにレッズへ2018年オフに移籍しました(もうレッズにはファーマーしか在籍していませんが・・・)。変な投げ方の左投手で、ドジャース時代(2017年)に16勝3敗の防御率2.72と好成績を納めています。いまだに2017年のワールドシリーズ第7戦はウッドに先発させるべきだったと思う次第です。ちなみに第7戦に先発し大炎上した投手は今ユーチューバーやってますね。あ、現役でしたね。ごめんなさい。話は逸れましたが、レッズに移籍してからのウッドは故障によりほとんど登板していませんでした。

www.youtube.com

★ジミー・ネルソン

 元ブルワーズの選手。ごめんなさい。彼についてはほとんど知らないです。2017年にあげた12勝6敗が一番良いシーズンだったみたいですね。

 

以上が、「今季復活」に期待する3選手です。トレイネンはクローザーのジャンセンに繋ぐセットアッパーとして、ウッドには柳賢振やリッチ・ヒルが抜けたので左の先発投手として、ネルソンはまぁそうですね、先発の谷間要因として起用できるようになるといいですね。一応この前始まったキャンプでは3人ともブルペンで投げていたので今のところは順調に復活への道を歩めているのかなと思います。

 

では次回はオフシーズンまとめ最終回、あのブロックバスター・トレード。今オフで起きたトレードでは一番大きいものでしょう。ベッツやプライスの加入について書きたいと思います。お付き合いいただきありがとうございました。ではまた。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 野球ランキング

2020年ロサンゼルスドジャースのオフシーズンまとめ①

はじめまして。ご覧いただきありがとうございます。最初の記事ということもあって、自己紹介的なものを書こうと思いましたが、今後このブログで書こうと思っていることはプロフィールに載ってるのでそれでいいかなということで、早速僕の趣味の一つであるメジャーリーグベースボールMLB)特にドジャースファンなので、それについて書いてみようと思います。

 今回はオフシーズンのドジャースの動向まとめみたいなのを書こうと思います。最初はもう去年の話題ですね。遅ればせながらですが宜しければお付き合いください。

 

FAの目玉、ゲリット・コールとアンソニー・レンドーン

 ドジャースは7年連続地区優勝を果たしましたが、まさかのポストシーズン初戦敗退・・・。ワールドチャンピオンに輝いたナショナルズに負けてしまいました。2年連続でワールドシリーズに行っていたので、去年は例年より早いオフシーズンを迎えました。毎年オフシーズンはFA大物選手の動向が楽しみの一つですが、ドジャースはあまり大型複数年契約をしたくない・好まないフロントの動きで、短年契約のオファーは出してますが、長期契約を提示したチームに獲得を許しています。(最近で言えばフィリーズに移籍したブライス・ハーパー)

 ただ今年に限ってはポストシーズンに早期で負けてしまったことで、FAとなるスター選手獲得がドジャースファンの期待する・望む動きであったと思います。投手ではゲリット・コール、野手ではアンソニー・レンドーン。どちらも紛うことなきスター選手です。金満球団でありながら近年緊縮財政を敷いていたドジャースは、贅沢税の対象にもならず余裕のある状態。当然獲得の期待は高まりました。

www.youtube.com

www.youtube.com

 ゲリット・コールはすでにアストロズを出ることを公言していた上に、西海岸の球団が良いと!(しかも彼自身カリフォルニア州出身で名門UCLA卒)これはドジャースだろうと僕は思って獲得の時を「今か今か」と待っていましたが、蓋を開けてみればヤンキースが9年352億円で獲得。東海岸の球団やんけー!とずっこけた次第です。ドジャースの球団社長も「当て馬にされた」と悔しがっていましたが、致し方ないですね。

 一方のアンソニー・レンドーン。ドジャースにはジャスティン・ターナー(僕の好きな選手です)がサードを勤めていますが、年齢の問題もあり後釜のサードでかつ右の好打者が欲しいドジャースにはぴったりだったと思います。ドジャースがレンドーン獲得した際に、ターナーはファーストにコンバートされるだろうと言われていましたが、彼自身コンバートに関しては受け入れるとのコメントを出していました(その理由は、これまでいろんなポジションをしてきたので、今更コンバートについてはなんともないとのこと)。そして、レンドーン自身「35歳で引退」するという計画があると。29歳のレンドン、この計画を真に受ければドジャースが嫌う長期契約は避けられる。もちろんオファー待ったなしでしょう。しかし、だがしかし!「レンドンはLAに行きたがっていない」との噂!?ん?雲行きが怪しい。結果・・・「ロサンゼルス」エンジェルスが7年266億円で獲得。ええええええ。しかもドジャースはLAに難色を示しているとの話からオファーを出してないとか出したとか。まぁ、35歳で引退はあくまで計画ですし、LAに難色というのもハリウッド風ライフスタイルが家族たちには合わないと判断してとのこと。ロサンゼルスを名乗っていますが、エンジェルスはアナハイムですし確かに穏やかなところですもんね…。

 こんなそんなで今オフの目玉選手2名は他チームに掻っ攫われていったのであります。どちらか一方を獲得してほしかったのですが、まぁ仕方ないですね。

 次はFAで獲得した「今季復活」を期待する選手について書こうと思います。ガサツ文ではありますが、読んでいただいてありがとうございます。また次回。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  野球ランキング